--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2008.08.27 23:02

 多少、真面目な話しではあるのですが、依然怪しい系統?と思われる方はスルーして下さい。

さて、ブログには書いてませんでしたが、最近、PCのモニターがバチバチしたり、冷房設定のエアコンから温風が出たり(勝手に暖房に切り替わった!×3回)、そんな事が続いています。

レイキ(ハンド・ヒーリング)や、気功の講習会の後から、何と言うか、「」を出す力が非常に強くなったと感じ、その直後からこれらは起こった。

それは霊媒体質だ~と聞いたので調べると、確かに同じよぅに電化製品が壊れるだとか、PCのモニターが駄目になった~なんて事も書いてありました。

元から、このPCは一時期バチバチしていた事があったが、最近は問題なかった。
でも、元の会社でも、私のデカぃプリンターや、PCは、業者が来よぅが、中身の部品をほぼ全取っかえしよぅが、すぐ不調になったり、他の場所にあってテスト済みの物を持って来よぅが、頻繁に壊れていていた。

勿論フロアは見渡す限りPCだらけなのに、何でアタシだけ?なんて思っていた。

その再来?

 霊媒~という言葉はイタコのよぅで非常に怪しいのですが、私の症状(?)を、「霊媒」という意味から言ったら、何か霊とか、他者が関与して私の周りで何かが起こるのか?

それとも、「媒体」という意味で、霊だろぅが電波だろぅが、何かをキャッチして、私自身が何かを発信しているのか?

今は割と切れないでいてくれるので、こぅして打つ事ができますが…。

 今日読んでいた本には神社が出て来て、巫女さんは出てきませんが、自分が「mico」なので、ちょっと調べてみる。

巫女に必要な4要素は、「占い・神遊・寄絃・口寄」だそぅで…。

神遊(神楽)』とは、歌舞伎の大元らしぃ舞いで、『寄絃』は魔除けのために梓弓の弦を打ち鳴らす事らしく、…弓と言っても、神事用らしく…なので神社で破魔矢なのかな?なんて。(私はチェロだったら弾きますが。)
そして『口寄』とは降霊術のよぅで、つまりは霊媒らしぃ。

 たまたま読んでいた本は、単に好きな作家だったから中身はひとつも知らずに買ったもので、舞台は神社。
霊媒を利用して、巻き込まれた事件を解決してゆく~というもので、読んでいる途中で、私自身が「霊媒体質だ。」と言われてしまったんだけど、今日、本を読み終わってから、タイムリーだな~なんて気がついた。

しかも「霊媒」なんて、普段考えもしない言葉が偶然2つ重なって、非常に怪しい。

本の中でも、当初は役立たずの霊媒体質が、後に、使えるけれど制御不能な状態なり、…特にその解決法は載っていない。

本は非常に面白かったけどね。

ゆめつげ (角川文庫 は 37-1)ゆめつげ (角川文庫 は 37-1)
(2008/04/25)
畠中 恵

商品詳細を見る

夢告(ゆめつげ)」という、霊媒のよぅに白昼夢を見て占う血を引いた神社の神官が事件に巻き込まれてゆく…。

 単にお話し…と思ったけれど、元々巫女さんとか、調べてみると、ホントにそぅいう事をしてたんだね?

そぅいえば、厄除けとか、家に神主さんに来てもらった事があったし、実家には神棚があるし、家の改築の時にも当然お払いをしてもらったし、鬼門も気にする割には、うちの家族は気功は怪しい~なんて思ってるから不思議だな。
スポンサーサイト

テーマ : セラピー&ヒーリング - ジャンル : 心と身体

| § 雑談系 | コメント(2) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

ありがとう--コメントv-191
貴方の事をアニメにした人がいますよ、ギャオで流してます。「Mission-E」といいます。ご覧になってWa。

http://www.gyao.jp/sityou/catelist/pac_id/pac0012116/

| イソジン | URL | 2008.08.28 08:04 |

>イソジンさん☆

ギャオって無料視聴もできるんですね~♪

陰陽師のお子様資格とか、小さい波動拳だった出るよぅになったので、次はファウンデーションと戦うんでしょぅか?i-229

あるヒーラーさんからも、「いよいよお役目に入るサイン」とメッセージを頂いたのですが、使命がやっと判ったからか?PCのバチバチは、なんと終わったよぅです!

| micoち | URL | 2008.08.28 12:08 | 編集 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。