--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2008.09.18 08:45

物理学~なんて解かりませんが、少し勉強しました。

私たちが普段、「そんなの、物理的に無理でしょぅ。」…なんて言うのは、ニュートン式だけれど、今から100年ちょっと前に、アインシュタイン相対性理論を発表し、その『物理的』な概念を根底から覆した。

でも依然、人の頭の中の『物理的』は、やはりニュートン式の力学・原子論であって、それを超越する事象については普通、『物理的に無理』とか『科学的に証明してみろ!』と言われちゃう。

それは、『数百年遅れてるょキミ!』と言うコトらしぃです。

私が生まれる頃には既に、もっと進んだ理論がノーベル賞などを取ってるらしぃ。(という事は、科学的データに基づいてちゃんと立証されているという事。)


素粒子やら、時間軸でなんちゃらだ~という時代はとぅに過ぎ、量子やら波動やらで、三次元だ、四次元だ~という話しになっているが、依然私は理解不能。
(別にいぃんです。物理学者になりたい訳じゃないから。)

でも物理学者に遅れること100年…。
理論ではなくて、エネルギー療法や、遠隔治療やテレパシーみたいなもので、それを実際に使える人が多く出没しているのも事実。
大昔は、神と呼ばれたかもしれないけれど、それは今や、一般人にありえることであり、『物理的に可能』というべき範囲は、実際に科学的検知からも拡大している。

けれどやはり、それはまだニュートン力学的な人の理解を超えている。

・・ * ・・ * ・・ * ・・ * ・・ * ・・ * ・・ * ・・ * ・・ * ・・

さて、昨日はまた、大腸の内視鏡検査だった。
完璧じゃなかったけれど、手術には至らず、ひと安心。
ここ半年の菜食ぎみの食生活と、最新?次世代系、エネルギー療法が少しか効いたのか?

…つまりは、前述の内容は、私が最近人の持つエネルギーについて探求している事は、超科学的で、怪しぃ宗教とかじゃないっすょー☆~という事を言いたかっただけでござる♪

それより、私の胃下垂すぎてウエストまで伸びた胃は、数日間、過食で満タンだったので、下剤2リットルは結構ヘビーだった…。
検査自体の鎮静剤は、不眠症ぎみな私には大歓迎。
最近、リアルな夢ばかり見るけれど、さすがに検査中は見なかった(爆)。

・・ * ・・ * ・・ * ・・ * ・・ * ・・ * ・・ * ・・ * ・・ * ・・

今回は、さすがに前回の2度のポリープの時のよぅには、“予知”みたいに察知する事は無かった。
でも、だから無いだろぅ~とも思わなかった。

完全なポリープこそ無かったけれど、組織は沢山とられた。…という事は、その数だけ正常じゃないものはあったという事なので微妙。
これまでの内視鏡検査写真コレクションを見比べる…。
(つまりは、私の内臓写真☆)
私もさすがに見慣れてきたのもあるけれど、ドクターの言う通り、悪いものではないみたい。

思うに、ドクターは知らない数日の過食の炎症かも?とか、その要因の食事や行動とか、心理的なものが身体に及ぼす影響とか、自分の法則~と言うよりも、万人が健康に暮らすための法則が少し解かってきたかも?

万人~と言っても、人それぞれ。心理的な事には、過去のトラウマやそれにより現れる抜け出せない思考回路…で、無意識やら潜在意識やらの、正常なエネルギーの流れを阻害する障壁…。

そぅいう心因的要素が、科学的にいっても、人の身体的な健康に多大に影響してるみたい。

そんな訳で、何故か、自分の無意識の世界を垣間見る機会が増えた今日この頃…。
私は結局、普通の人の考えと、そぅでない現象の狭間をさまよう…。

皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

・・☆ v(^(エ)^)v Love & Peace ! ☆・・


スポンサーサイト

テーマ : 健康で過ごすために - ジャンル : ヘルス・ダイエット

| (@_@)/ 日記 | コメント(2) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

はじめまして。

ニュートン式のわかりやすさは、「絶対空間」「絶対時間」という前提が私たちの日常感覚によくマッチしているからかもしれませんね。
ニュートン式ではとりあえず空間はどこまでいってものっぺりと一様に広がっていて、同じ物はどこに置いたって同じ大きさですし、時間の流れも人によって早くなったり遅くなったりすることはありません。この感覚は同じ間隔でチクタクと時間を刻み続ける時計のイメージともマッチしますし、目の前にある小豆が別の条件に置かれたらスイカみたいになるというのは、現実的に起きることとしてちょっとイメージしづらいところがあります。

| 小豆ライダー | URL | 2008.10.28 23:03 | 編集 |

小豆ライダーさん はじめまして☆
私も、小豆はどこまでいいっても小豆だと思います。f^_^;

小豆ライダーさんのおっしゃる通り、この世は目に見える物体の集まりで、時間がたったら物が腐る…歳をとる…、サスペンスものでも物理的に犯行は無理…。三次元の世界は、ニュートンで説明がつく訳で、それ以上は必要ないかもしれません。

友達や私が出来るよぅになった気功や遠隔ヒーリングをどぅ考えるべきか?人にどぅ説明するか?という部分で調べ始めたのですが、物理は一番苦手だったのに、こんな記事を書いてたんですね私は…。(私にとっては、現実的に起きた事なので…。)
多分この記事の元の、ノーベル賞の内容とは、波動で瞬時に伝達できるという感じの話しだったと思います。説明しきれずに載せなかったと思われます。

テレパシーや、以心伝心という言葉はありますが、それは、実際には無いけれど偶然!という概念のもとで使われる言葉だと思われ…、でもそのニュートン的な「物理的」で説明できない事が三次元の狭間では起きているらしく、研究はされてるみたいで、いずれ常識になるのかもしれません。

若い者の言う事は、ヒッピーだ、オカルトだ、新人類だ…と、科学で証明されてますょと言ったところで、現代はまだニュートン思想には勝てないよぅで…。

| micoち | URL | 2008.10.29 08:56 | 編集 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。