--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2008.10.23 03:19

余所のブログで“小林多喜二記念碑”というのがあって、見たことあるけどどこだったかな?と、しばし考える…。

小樽っ子の遠足のメッカ?旭展望台のあたりですね。
たしか、頂上だぁー!と思ったら、一歩手前?とか?そんな位置関係だったのでは?

私はその麓にお友達が居たので、小学生の頃からよく麓まではゆきました。
小樽商科大学とかあるあたり。
…正直、小学生の足では、麓までゆくにも結構しんどい事でした。

そもそもが、“坂も街、小樽”。基本、坂ばっかり。
どこへゆくにも坂ばかり。学校は確実、坂の上。

思えば、小林多喜二のほか、石川啄木(も、小樽にしばらく居たはず)の“小樽の人の声のあらさよ…”とか(これは小樽人だから知ってるだけなのかな?)、それとか、石原裕次郎の“♪小樽のひとよ”とか、“裕次郎記念館”もあるし…。

あとは、大昔は普通にきたなかった“小樽運河”、それと石造り倉庫、今は名前が違うけど“鉄道記念館”…SLの保有台数が結構なもので、鉄道マニアは再開を待ちわびていたとか?
…そもそも、小樽の手宮⇔札幌間、北海道で最初に汽車が開通されたんですね。


なんてことで、小樽は意外に全国的に有名だったりもするし、みんな揃って『食べ物がおいしくて、いいところだね!』と言うし、外から見れば、観光には困らなさそぅでもある。

が、実際には、かなり大昔から斜陽化が叫ばれてたりで、…私は昔、新聞部だったので取材しましたが…、それに市の関連の観光関連のHPも見ると微妙ですね…。
それこそ、石川啄木じゃないけど、(石川啄木も新聞社に居たんじゃなかったかな?)小樽の人はぶっきらぼぅというか、浜言葉~というほど、小樽はなまりは全然ありませんけどね。それでいて保守的な地域だったり?みたいな、いろいろ微妙な感じで…。観光には苦戦というか?

でも昔からすると随分きれいになったな…。

でも相変わらず、駅前にはご飯屋さんを見つけるのも大変だし(観光向けに、臨港線側はひらけてきたけど…)、普通に生活するには、私にはかなり微妙であった…。(若者がいつかなくて高齢化?)
学校もかなり廃校になり、私の居た中学ももぅない。

海あり、山あり、何でもおいしくて、都会じゃないけど田舎でもない、…確かにいいところなんだけどね。

夕張のよぅに破綻しないよぅに、せいぜぃ皆さん、観光でお金を落としてあげてね~。

そぅいえば、“札幌雪まつり”は普通に有名ですけれど、もともとは小樽の方が早いんですょ。

でもま、ニシン御殿が建つほど栄えてストーンサークルもあるけれど、一時的なことで、所詮土地のパワーはなかったみたいな…。

スポンサーサイト

テーマ : 地域情報 - ジャンル : 地域情報

| § 雑談系 | コメント(2) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

ご無沙汰です~。
コメントありがとうございました。
そうそう「小林多喜二記念碑」は当時は天狗山スキー場に行く途中・・? という記憶だったような。
スキーやってたので小樽は天狗山しか知らなかったの 笑。

| かずき | URL | 2008.10.24 00:39 |

かずきさん、お久しぶりです☆
あぁ!スキーやってたんですょね♪
展望台と天狗山は、徒歩ではかなり方角が違いますが、つながってますけどね。
小学生の頃は、天狗山から、スキーはいたまま強引に家まで帰ってきてました☆(車道を…!)

天狗山は、斜度がMt.レースイに続いて2番目だと聞いた事がありますょ。
小樽っ子は、ちびっこでも恐ろしくスキーが上手い(私以外は)…。
みんなファミリーゲレンデから新コースに消えてゆくというか、落ちてゆく…。

| micoち | URL | 2008.10.24 02:39 | 編集 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。